自動車保険補償内容

内容を見直すとグッと安くなることも!

ズバリ、自動車保険の見直しで一番大切なことは何でしょうか?

きっと多くの人は「自分に合った保険会社選び」と考えているかもしれませんが、実は「補償内容や補償額を見直す」こともそれ以上に大切なことだっていわれています。

そう聞いて拍子抜けする方もいるかもしれませんが、実は本当に補償内容や補償額を見直すことが大きな保険料の節約になるのに、意外とその部分の見直しをしっかりやっている人がいないようです。

細分化されて安くなるはずが…

ここ10年ほど自動車保険の補償内容は非常に細分化されていきました。それってつまり、自分に必要な補償だけを無駄なくピックアップできるという意味なんです。

以前までは細分化されていないがために、多少の無断部分があっても、自分の希望に近い補償内容のプランを選ぶしか無かったプランニングが、バラバラの補償を組み合わせることで必要最低限の自分だけのプランニングが可能になったということです。

ですので不要な部分は削って必要な部分だけしっかりチョイスすれば、保険料だって相当安くおさえることができるわけなんです。

しかし現実問題として、補償内容や補償額は複雑だし一般の方には少し難しい部分もあります。加入者すべての方にバラバラの補償内容や補償額を選んでもらうのも大変なことです。

そこでどの保険会社も「スタンダードプラン」や「エコノミープラン」等のプランニング済みの保険を用意しているわけですね。

なのでよく知らない人は、通販型の保険会社でも、あのようなプランニングの中から選ばなければいけない・・と勘違いしている人もいるようですが、あれは1つの例です。平均的な加入者だったらこのぐらいがちょうど良いのでは?といった1つのプランニング例に過ぎないのです。

したがって通販型保険会社の用意したプランニングにそのまま加入しても、思ったほど安くならないケースも普通にあります。

本当に安くしたいなら「スタンダードプラン」や「エコノミープラン」をベースにしても構いませんが、さらに自分に必要な補償を追加したり、不要な部分を削ってあげる必要があるわけですね。

うーーん、自動車保険選びはそう甘くない・・・ということですね。安くするには自動車保険の知識を身につけるしかないようですね。