自動車保険補償額

では保険料を節約するために、どんどん補償内容や補償額を削ってしまっていいのでしょうか?

もちろん答えはノーですね。

万が一の事故やトラブルに備えての自動車保険です。その時に少しでも補償内容や補償額が不足していては加入している意味がありませんもんね。

なので闇雲に削ってしまってはいけません。ポイントをおさえつつ不要な部分を削ればいいわけです。

まず絶対に削ってはいけない部分、それは自動車保険の一番の目的ともいえる、事故の時に相手や自分、家族などの搭乗者を守るための補償です。

具体的にいえば対人賠償保険や対物賠償保険、そして人身傷害保険や搭乗者傷害保険といった部分です。
こういった事故の相手や自分を救済するための補償は絶対にケチらない方が良いです。

そもそも自動車保険の本来の目的は自賠責保険では不足した補償を補填するための任意保険です。
そんな任意保険の補償が不足してしまっては加入している意味がありませんからね。

逆に、上記の項目以外の補償は必要に応じて削ることは可能かもしれません。
とはいえ、補償そのものを削ってしまうのは普通は躊躇してしまうでしょうから、補償額を1ランク下げてみるとか工夫してみるのも良いかもしれません。

車両保険や免責額を変更する

また車両保険も保険料の中で大きな部分を占める項目です。

もちろんまったく削ってしまうのは、不安かもしれませんから、フルカバーの一般をエコノミー+限定Aに落としてみるのも良いかもしれません。

当然ながら車両保険も保険料を安くする分、補償範囲も変わってきます。調子に乗って車両保険を削った途端に車両を盗難されて補償外になってしまった・・といったケースもあるので愛車とお財布と相談して決めるのが良いですね。

また事故の際の免責額を変更することで保険料に大きく影響することもあります。
免責額とは簡単にいえば事故やトラブルでの事故負担額のことです。

免責額なしの場合、20万円の修理費については20万円支払われますが、免責額が10万円に設定されている場合は、足りない10万円しか支払われません。

この辺りも、どちらが得だとか損だとか一概に決めることはできないので、自分のこれまでの事故歴やトラブルの回数なんかを思い起こしてどうするべきか考えてみましょう。

この他にも補償内容や補償額を見直すことで保険料は大幅に安くなるものです。

もちろん、一度自分にピッタリの補償内容や補償額を知ることができれば、どこの保険会社でもすぐに見積りすることができるので、ぜひ知っておきたいところです。