通販型代理店型違い

自動車保険を選ぶ上で「代理店型」や「通販型」、「ダイレクト型」といった言葉をよく目にしませんか?

そうなんです、保険会社を選ぶ上で選ぶ基準ともいえるのが「通販型自動車保険と代理店型自動車保険の違い」といっても良いかもしれません。

 

自動車保険には会社の規模や老舗と新規参入の会社によって分ける事もできますが、自分に選ぶ保険会社を選ぶ時に一番最初に知っておいた方が良い部分が代理店型と通販型の違いです。

どちらが良いとか悪いの問題ではなく、単純に保険の契約方法が違うということです。
加入者の重視するポイントによっても選ぶべき保険会社のタイプは違ってきます。

まずは代理店型と通販型の保険契約の違いを知っておくと自動車保険選びがずいぶんと楽になるはずですよ。

 

代理店型の自動車保険

いわゆる従来型の自動車保険と呼ばれるのが代理店型の保険会社です。

加入するユーザーは保険会社と直接の契約は結ばずに保険代理店と契約を結ぶタイプともいえます。
自動車保険の自由化がすすむ前は、このような代理店型の保険会社ばかりでした。

当然ながら保険会社とユーザーの間に保険代理店が仲介しているので、その分のコストが高いために保険料は比較的高めに設定されています。

しかし対面して契約するため、担当の顔もわかるので安心や信頼という部分では通販型よりも代理店型が強いといえます。

万が一の事故やトラブルでも顔の見える担当者が対応してくれるので、車に詳しくないドライバーさんや初心者ドライバーさん、女性ドライバーさんにもおすすめの保険契約とも考えられます。

◯◯火災といった会社名の保険会社はこちらの代理店型だといえます。

通販型(ダイレクト型)の自動車保険

自動車保険の自由化とともに増えてきたのが、こちらの通販型の自動車保険です。
保険契約の方法から、ネット通販型、ダイレクト型とも呼ばれていますね。

代理店型保険会社と違い、通販型は大手保険会社とユーザーが直接の契約を結びます。
なので仲介する保険代理店がいない分、確実に保険料は何割か安いのが特徴です。

かといって補償内容やサービスがイマイチなのか・・といえばそんな事もありません。
保険料の内訳には補償やサービスにかかる純保険料と、その他の経費にかかる付加保険料に分けることができます。

通販型ではこの付加保険料を安くおさえることができるのでトータルの保険料を安くおさえることができるのです。つまり補償やサービスの部分である純保険料は変わっていないので補償やサービスが劣ることはありません。

安くておすすめの通販型自動車保険ですが幾つかデメリットというか特徴があります。
まず補償内容や保険のプランニングを全て自分で選んで申込む必要があるということです。

通常の代理店型保険会社であれば担当者さんが面談しつつ、こちらに必要十分な補償プランを提案してくれますが、通販型ではそういったアドバイスはもらえません。ある程度は自分にも知識が必要ということですね。

また事故やトラブルごとに担当者が割り当てられるので、事故やトラブルの度に担当者が変わるというスタイルです。
もちろんこちらの情報は全て管理されているので、担当者が変わっても事務的にはまったく問題ありませんが、代理店型のような毎回同じ方が担当してくれる安心感の面ではやや劣っているともいえるかもしれませんね。

通販型が安い理由を知ることで後悔しない

確かに現在では補償内容やサービスの面で安い通販型が劣っている部分はありません。

しかし同じサービスを期待して選ぶのは後悔の元かもしれません。通販型が安い理由は徹底的に無断コストを排除しているためです。事故やトラブルの対応がメールや電話中心であったり、担当者が毎回違う人になったりと代理店型とは違う面も沢山あります。

そういった部分を知って納得して加入しないと後々、後悔してしまうかもしれません!